ニュース

ロッテ、サヨナラ勝ちで連敗ストップ!伊東監督「根元が救ってくれた」

無断転載禁止
サヨナラ打を放ったロッテ・根元(C)KYODO NEWS IMAGES
○ ロッテ 4x - 3 楽天 ●
<8回戦 ZOZOマリン>

 ロッテが延長10回、根元俊一のタイムリーでサヨナラ勝ちし、連敗が『8』、連続1ケタ安打試合が『18』でストップした。

 ロッテの先発はエースの涌井秀章。2回にダフィーのエラーで先制を許すも、打線が3回に根元のタイムリーなどで2点を奪い逆転に成功。6回には清田育宏のタイムリーで追加点を挙げた。

 涌井は7回に1点を失ったが、8回まで好調・楽天打線を2失点にまとめる。1点リードの9回も、「最終回は内でいこうと考えたのですが、涌井が投げさせてくれと言ってきた」(伊東勤監督)とエースが自ら志願してマウンドへ。しかし、野選で同点に追いつかれ、試合は9回で決着がつかず延長戦に進んだ。

 ロッテは延長10回裏、一死走者なしから荻野貴司がライト前に運ぶと、続く鈴木大地がフェンス直撃の二塁打で二、三塁とサヨナラのチャンスをつくる。ここで根元が、ライトへヒットを放ち三塁走者がホームを踏みサヨナラ勝ち。長い連敗のトンネルを『8』で止めた。

 伊東監督はエース・涌井の投球に「点は取られたけれど、この前のことがあったし、気迫がこもっていました」と話し、サヨナラ打を放った根元には「救ってくれました」と感謝。「ひとつ勝つ苦しみを改めて感じた。お客さんも喜んでくれた。今日はよく眠れます。みなさんも寝てください」と安堵の表情を浮かべていた。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM