ニュース

ハム斎藤、初回4失点後は14人連続アウト 代打降板後に同点、黒星消える

3点を追う6回に代打を送られ降板


 日本ハムの斎藤佑樹が14日、交流戦の中日戦(ナゴヤドーム)に先発登板したが、勝利投手の権利を持たぬまま5回4失点で降板した。

 斎藤は初回、1番京田を二ゴロに退けるも、続く2番亀沢、3番大島に連打を許し二、三塁。さらに4番ビシエドには四球を与え、一死満塁のピンチを招いた。

 ここで交流戦好調な5番ゲレーロを打席に迎えると、三塁線を破られる適時二塁打を浴び2失点。続く藤井には右翼線への2点適時二塁打を打たれ、四球を挟む4連打で早くも4点ビハインドを背負った。

 それでも、続くピンチで7番平田を遊飛、8番杉山は一ゴロに退けると、2回以降は制球が安定し、4イニング連続で3者凡退。そして1-4で迎えた6回に先頭打者として打席が巡ってくると、栗山監督は「代打・杉谷」をコール。斎藤はここで降板となり、5回75球を投げ、4安打3奪三振4失点の内容だった。

 日本ハムは6回表、中日先発の大野を攻め二死一、二塁の好機を作ると、4番中田がこの試合3打点目となる2点適時二塁打を放ち1点差。さらに、続くレアードの左前打で中田が本塁突入。これがリプレー検証の結果、同点適時打として認められ、この瞬間に斎藤の黒星は消滅した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西