ニュース

野村氏、世界新を逃した楽天・則本に「リズムを崩し力みが出た」

無断転載禁止
5回、捕手嶋が負傷交代し則本(右)と話をする楽天・梨田監督=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES
○ ヤクルト 6 - 2 楽天 ●
<3回戦 神宮>

 15日のヤクルト戦に先発した楽天の則本昂大は、世界新記録となる9試合連続2ケタ奪三振達成とはならなかった。

 前回登板の8日のDeNA戦で8試合連続2ケタ奪三振を達成し、ペドロ・マルティネス、クリス・セールのMLB記録に並んだ則本。この日も4回まで毎回の5奪三振と順調に三振を積み重ね、『ニッポン放送制作のヤクルト-楽天戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「4回まで非常に落ち着いて則本らしいピッチング」と評価した。

 しかし、5回にアクシデントが起こる。1点リードの5回、則本がグリーンに投じたワンバウンド投球が、捕手の嶋基宏が喉元付近を直撃し負傷交代。グリーンを三振に打ち取りこの日6つ目の三振を奪ったが、続く大引啓次のスクイズで同点に追いつかれた。

 さらに6回は二死満塁から雄平に勝ち越しの2点タイムリーを浴びると、グリーンは暴投振り逃げで失点。この回3点を失った。8奪三振で迎えた7回も、坂口智隆にタイムリーを打たれるなど2失点。結局則本は、7回を投げ7安打8奪三振1四死球6失点で、今季2敗目を喫した。

 野村氏は則本のピッチングについて「今日も間違いなく(2ケタ奪三振を)記録するだろうと思ったんですけど、ワイルドピッチで嶋が代わることになった。ちょっとリズムを崩してしまって、則本の中で力みが出た。フォークボールを拾われて空振りが取れなくなった」と解説。

 則本にとって悔しいマウンドとなったが、野村氏は「今までも勝てるピッチングを心掛けながら、必ず頭の片隅の中に奪三振があったと思うので、その呪縛が解かれた。ある意味、少し楽になった部分があるかもしれないですね」と次回登板に期待を寄せた。

【梨田昌孝監督】
「則本に援護ができなかった。則本は球数が増えてきて、相手も初球からどんどん振ってきた。雄平にタイミングが合っていたのかもしれない。三振が8つだったけ?責任感もあったし、良く投げてやってくれた。チームが勝って達成して欲しかったし、その中ではよくやってくれた。記録が途切れたとしても、信頼には関係ない。しばらく空くので頑張ってもらいたい」

【則本昂大】
「ミスも重なって失点して負けるのは当然です。普段通り投げる事ができた。記録はいつか途切れます。それよりも、チームを勝たせることができず悔しい」

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM