ニュース

広島、大逆転勝ち!緒方監督「最後まで諦めずに…」

無断転載禁止
9回広島二死一、三塁、代打新井が中越えに逆転3ランを放つ=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.07.07 18:00
東京ヤクルトスワローズ 8 終了 9 広島東洋カープ
神宮
● ヤクルト 8 - 9 広島 ○
<12回戦 神宮>

 広島が、今季28度目の逆転勝ちを収めた。

 5点を追う広島は9回、守備から途中出場していたバティスタが、この回からマウンドにあがった小川泰弘からソロ本塁打を放った。このソロ本塁打が、逆転の広島の始まりだった。続く1番・田中広輔は、一ゴロに打ち取られるも、2番・菊池涼介がレフトスタンド最前列に突き刺す本塁打。

 さらに、二死一塁から松山竜平のタイムリー二塁打で2点差に迫ると、続く西川龍馬が俊足を飛ばし内野安打で一、三塁。一発が出れば逆転のチャンスで、広島ベンチは新井貴浩を代打に起用した。新井は2ボール1ストライクから小川が投じた4球目のストレートを捉えた打球はセンターの頭上を越えていき、これが値千金の逆転3ランとなった。

 1点リードとなったその裏、守護神・今村猛は、1番から始まるヤクルト打線を三者凡退に抑え、試合を締めた。

 この大逆転勝利に緒方孝市監督は「野手全員が最後まで諦めずに打席に立ってくれた。最後の主役は新井、ということで」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM