ニュース

初づくしの阪神・糸原を藪氏が絶賛「新人とは思えない」

無断転載禁止
サヨナラ二塁打を放ち、お立ち台でポーズをとる阪神・糸原=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.07.09 18:00
阪神タイガース 7 終了 6 読売ジャイアンツ
甲子園
 阪神のドラフト5位ルーキー・糸原健斗が、プロ初本塁打&プロ初サヨナラタイムリーの大活躍で、チームに勝利をもたらした。

 MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された9日の『阪神-巨人戦』で解説を務めた藪恵壹氏は「最後もあの場面で決められる。まさに糸原デー。彼は持ってる」と、その勝負強さを称えた。

 『7番・遊撃』でスタメン出場した糸原は、第1打席に続き第2打席も二塁打を放ち、マルチ安打を記録。一死二塁で迎えた5回の第3打席には、「今日は右中間に打球の伸びる風が吹いていた。いつもの六甲おろしが吹いていたらわからなかったけど、そういった部分でもツキを持っている」と薮氏が振り返った本塁打を阪神ファンが待つライトスタンドの最前列に突き刺した。

 そして、この日の糸原はこれだけでは終わらない。6-6の同点で迎えた9回の第5打席、二死一、二塁という状況で打席に立つと、巨人・マシソンが投じた高目のストレートを強振。すると打球はセンター・立岡宗一郎の頭上を越え、二塁走者の中谷将大がサヨナラのホームを踏んだ。

 糸原の初サヨナラ打に藪氏は、「初球の真っ直ぐの空振りを見た時は、少し真っ直ぐに押されているかなと思ったけど、2球目を見逃して、しっかりと真っ直ぐに照準をあわせた。新人とは思えない勝負強さ」と、その対応力の高さを評価した。

(提供:MBSベースボールパーク)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM