ニュース

【球宴】ソフトバンク柳田、HR競争初制覇 ゲレーロとのキング対決制す!

無断転載禁止
ソフトバンク・柳田が第1戦のホームランダービーを制す(C)KYODO NEWS IMAGES

大谷はミスショット目立ち1本止まり


 「マイナビオールスターゲーム2017」が開幕。第1戦(ナゴヤD)開始前に恒例のホームランダービーが行われ、ソフトバンクの柳田悠岐が初優勝を飾った。

 出場選手はファン投票で選ばれた柳田、ゲレーロ(中日)、筒香嘉智(DeNA)、大谷翔平(日本ハム)の4選手。ルールは1選手7アウト制で行われた。

 第1戦は大谷とゲレーロの対戦。前年の第1戦で初制覇を果たした大谷だったが、5球連続でミスショットするなど不発。6球目をライナーで右翼席へ運んだが、最後のスイングはフェンス直撃に終わり、計1本塁打に終わった。ゲレーロは滞空時間の長いアーチを2本描き逆転勝ち。セ・リーグ本塁打王の面目を保った。

 第2戦は柳田と筒香の対戦。柳田は広角に打ちわけ計3本。筒香は5階席へ運ぶ豪快弾を放ったが、柳田に及ばず2本塁打に終わった。

 決勝はゲレーロと柳田、両リーグの本塁打数1位選手同士の対決となった。先攻のゲレーロは初球を左中間席へ運ぶなど計4発。後攻の柳田も広角に4本塁打を記録し、ファン投票の得票数でゲレーロを上回った柳田が初優勝を飾った。

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西