ニュース

アストロズ青木、後半戦初先発で存在感 決勝打含む2安打2打点!

無断転載禁止
フル出場しグリエル(左)と勝利のタッチを交わす青木
○ アストロズ 5 - 3 ツインズ ●
<現地時間7月16日 ミニッツメイド・パーク>

 アストロズの青木宣親が16日(日本時間17日)、本拠地でのツインズ戦に「8番・左翼」で後半戦初出場。久々のスタメンで2安打2打点と存在感を示し、チームの勝利に貢献した。

 青木は0-1の2回、二死一塁の場面で第1打席に入ると、ツインズの先発右腕・ギブソンから後半戦初安打となる中前安打をマーク。しっかりとつなぎ一、二塁の好機を演出すると、続く9番マリズニクが同点適時打を放った。

 1-2の4回は一死一、二塁の好機で打席に入ると、ここでもギブソンの変化球を上手く右中間へ弾き返し、これが走者一掃となる2点適時二塁打となった。

 青木の一打で逆転したアストロズは、7回にも2番アルテューベの適時二塁打などで2点を追加。青木は6回の第3打席こそ二ゴロ併殺に倒れたが、後半戦初先発で3打数2安打2打点の活躍。打率を.271に上げた。

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西