ニュース

阪神・藤浪、相手先発の大瀬良に死球 4回は菊池に2つ目、復帰登板で大荒れ

2017.08.16 18:00
阪神タイガース 3 終了 5 広島東洋カープ
京セラD大阪

当てられた大瀬良は阪神バッテリーを気遣う


 不振のため二軍調整が続いていた阪神・藤浪晋太郎が16日、復帰登板となった広島戦の2回表に、相手先発の大瀬良大地に死球をぶつけた。

 約2カ月半ぶりの先発となった藤浪は、初回に一死満塁から、5番松山に左翼フェンス直撃の先制適時打を許した。2回は先頭の8番石原を打ち取ったが、続く9番大瀬良への3球目がすっぽ抜け。このボールが大瀬良の左肩付近を直撃した。

 大瀬良は一旦ベンチへ下がり治療を受けたものの、大事には至らず戦列へ復帰。ベンチから一塁へ向かう際は捕手・梅野のお尻付近をポンと叩くなど、阪神バッテリーへの気遣いを見せた。

 藤浪はその後、3回に先頭打者への四球をきっかけに2失点。4回は二死から、2番菊池にも死球をぶつけ、両軍ベンチから選手、コーチ陣が本塁付近へ集結するなど、球場内は一時騒然となった。

 藤浪は0-3の5回も2四球などで二死満塁のピンチを作り、打席に大瀬良を迎えたところで降板。ここは2番手・岩崎が凌ぎ、藤浪の最終成績は5回途中3失点。しかしその内容は、107球を投げ7安打7四死球(2死球)と大荒れだった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西