ニュース

巨人・小林の進塁打に石井一久氏「今後に繋がりますね」

無断転載禁止
巨人の小林誠司(写真は侍ジャパン)
2017.08.16 18:00
東京ヤクルトスワローズ 2 終了 8 読売ジャイアンツ
神宮
● ヤクルト 2 - 8 巨人 ○
<17回戦 神宮>

 巨人・小林誠司の進塁打をプロ野球解説者の石井一久氏が評価した。

 7点リードの7回無死二塁の場面で、この日2安打を放っている小林に打席が回ってくる。小林は簡単に2ストライクと追い込まれるも、村中恭兵が投じた3球目のストレートを一ゴロで、二塁走者の重信慎之介を三塁へ進めた。

 この進塁打に同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた石井一久氏は「こういう点差だとしても進塁打は大事。ああいうところでしっかりと三塁に進塁打を打てるというのは今後に繋がりますね」と評価した。

 小林の一ゴロで一死三塁となり、続く石川慎吾の内野ゴロ失策で重信が生還。得点に繋がったことを考えると、価値のある進塁打だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM