ニュース

石井一久氏、燕・村中に「このまま年をとってしまうと…」

無断転載禁止
ヤクルトの村中恭兵
 プロ野球解説者の石井一久氏が16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務め、ヤクルトの村中恭兵について言及した。

 村中は6点ビハインドの7回から登板。先頭の陽岱鋼に1球もストライクが入らず四球を与えると、一死後、坂本勇人の打球を三塁・藤井亮太が悪送球。一、三塁のピンチを招くと、阿部慎之助にタイムリーを浴びた。8回にも1点を失った村中は、2イニングを投げて2安打、1四死球、2失点とピリッとしなかった。

 石井氏は「去年リリーフで凄く結果を残して先発のチャンスを掴んだだけに、今年はそういうチャンスを掴みきれていない」とコメントし、「このまま年をとってしまうと、村中投手にとってもマイナス。もともと力は持っているピッチャーなので、そこを出し切れたら」とエールを送った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM