ニュース

巨人・内海が2回途中4失点でKO 里崎氏「よく我慢した方」

無断転載禁止
8月17日のヤクルト戦、2回に4点目を奪われ、降板する巨人の先発内海=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.08.17 18:00
東京ヤクルトスワローズ 4 終了 3 読売ジャイアンツ
神宮
○ ヤクルト 4 - 3 巨人 ●
<18回戦 神宮>

 巨人の内海哲也が、今季最短の1回2/3、4失点でノックアウト。先発の役割を果たすことができなかった。

 内海は0-0の2回、安打と死球で無死一、二塁のピンチを招くと、荒木貴裕に第5号3ランを浴び先制を許す。さらに、二死二塁から山崎晃大朗にセンター前にタイムリーを打たれ失点。結局、内海はここで降板となった。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた里崎智也氏は「(首脳陣は)よく我慢した方じゃないですか。西浦が出て、星がバントしたときに代えてもよかったですよね」と内海の交代の場面について言及した。

 3回以降、宮国椋丞、田原誠次、西村健太朗のリリーフ陣が、ヤクルト打線を無失点に抑えただけに、内海の乱調が痛かった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM