ニュース

右打者が並ぶオーダー 山本昌氏は得意だった?

無断転載禁止
現役時代の山本昌(C)KYODO NEWS IMAGES
 15日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演した山本昌氏は、『左投手対策で右バッターをズラッと並べることがありますが、嫌なものなのでしょうか?』というリスナーからの質問に答えた。

 山本氏は「左打者が得意でしたので、左の方がいいなと思いつつも、(右打者は)別に嫌じゃなかったですね」と話す。その理由について「右バッターを揃えてくると、チームの方針として、『山本昌のスクリューはライト方向に打て』となんとなく右打ちをしてくるんですよね。あれをやってくれると助かりましたね」と説明した。

「スクリューを右方向に打ってくれるとセカンドゴロ、ショートゴロになりやすいんですよ。スゴク右打ちしてくれるチームは助かりました」と続けた。

 スクリューを右打ちしてくる相手球団も、山本昌氏を当然研究してくる。「途中からばれてきて、段々引っ張られるようになりました。右バッターが引っ張り込んでくる方が嫌でした」と引っ張ってくる右打者を警戒していたようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM