ニュース

巨人・阿部慎之助 もう一度ホームラン30本を打ちたい

無断転載禁止
【プロ野球セ・リーグ ヤクルト対巨人(雨天中止)】自身の通算2,000安打を記念した特製Tシャツを着て室内練習場にやってきた、巨人・阿部慎之助=2017年8月15日午後、神宮球場室内練習場 写真提供:産経新聞社
通算2,000本安打は、巨人では川上、長嶋、王、柴田に続いて5人目の快挙。しかも37年ぶりです。史上49人目の記録を打ち立て、ますます存在感が増しているのは確かでしょう。最近は、現役にもかかわらず、巨人の次期監督の有力候補にもあげられています。

ところが、

「挫折の連続だった」

と振り返りました。高校入試では第一志望校へ不合格。当時から一貫して変わらなかったのは、

「野球は楽しい。こんなに楽しいことはない。最近、ますます楽しくなってきた」

と言います。中央大から2000年のドラフト1位で、巨人へ入団。ルーキーにもかかわらず、開幕スタメンを勝ち取り、127試合に出場しました。長嶋監督の英才教育の賜物です。

当時は、現在では考えられないほどの注目度が巨人にはありました。阿部はやさしく誰にでも好かれる人柄です。親しい担当記者たちと食事へ行く。しかし、そんな関係がうそだったのか、と感じられるほど叩かれることが続き、人間不信で寡黙になった時期もありました。
そんな経験からか、

「最近、(担当記者)は、やさしすぎる。成績がダメならもっと叩いてもいいのでは。特に小林にはやさしいからね」。

と入団時から期待を集めながら、伸び悩み気味の小林に対して苦言を呈しています。

捕手でキャリアを終えるつもりが、自身の度重なる故障でやむなく野手へ転向。しかし2015年、1塁手として再出発するはずが、相川の故障などチーム事情で再びマスクをかぶることになるなど、なかなか気持ちの区切りがつかない状況でした。

昨年、捕手として登録されたものの、オープン戦で右肩痛を発症。それが原因で、とうとうシーズン終了まで捕手復帰は果たせなかった。未練がないといえばうそになる。

「キャッチャーで、たくさん稼がせてもらった。でも、今は1塁で頑張る」

と自分に言い聞かせます。苦しいときは大先輩の助言を仰ぐ。長嶋終身名誉監督からは、

「『自然体』を3度繰り返し、どんな時でも自然体だと開き直れ」

とアドバイスを受けました。

生涯捕手はかなわなかったものの、阿部には打者として生きる道が残されています。手本にしたのは、王さんです。

「もう1度、(ホームラン)30本を打ちたい。王さんは、30本打ってやめられたんですからね」。

ONからしっかり学んだのは、巨人生え抜きだからこそ。

現在38歳。はたして現役時代がいつまでなのか、指導者になる日はいつなのか。阿部の野球人生は続きます。

8月18日(金) 高嶋ひでたけのあさラジ!「スポーツ人間模様」


聴き逃してしまったあなたは、下のバナーをクリックしてradikoのタイムフリーで聴いていただくことができます。

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM