ニュース

DeNA・ラミレス監督、山崎康晃は「基本的に使わないことにしていた」

無断転載禁止
DeNAのラミレス監督
2017.08.18 18:00
読売ジャイアンツ 9 終了 7 横浜DeNAベイスターズ
東京ドーム
○ 巨人 9 - 7 DeNA ●
<18回戦 東京ドーム>

 DeNAのラミレス監督が試合後、守護神・山崎康晃に休養日を与えていたと明かした。

 ラミレス監督は「連投で、きのうの試合では腕の振りが思うようではなかった。山崎康晃については、きょうはDay off(休養日)で、基本的には使わないことにしていた」と説明。リードしている場面での最後のマウンドは「パットンをクローザーに使うつもりだった」と話した。

 パットンを守護神で起用する予定だったが、3点リードの7回に3番手・三上朋也が陽岱鋼に3ランを浴び、同点に追いつかれると、5番手の砂田毅樹が、延長10回にサヨナラ2ランを被弾。結局、パットンが登板することなく敗れた。

 守護神・山崎に休養を与えることができたが、三上の乱調に加え、エスコバーと砂田がイニングを跨ぐなど、苦しい投手継投となってしまった。

 なお、同点3ランを浴びた三上に関してラミレス監督は「抹消します。スピードは出ているので、疲れというよりも2ストライクを取った後の制球力だと思う。2軍に行って本来の姿を取り戻してもらいたい」と一軍登録の抹消を明言した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM