ニュース

広島・丸の犠打に田尾氏「緒方監督も考えていますよね」

無断転載禁止
広島の丸佳浩
2017.08.19 18:00
広島東洋カープ 0 終了 5 東京ヤクルトスワローズ
マツダスタジアム
● 広島 0 - 5 ヤクルト ○
<19回戦 マツダスタジアム>

 広島の丸佳浩が、4月1日の阪神戦以来となる今季2度目の犠打を決めた。

 丸は開幕から不動の3番打者として、試合前まで打率.313、18本塁打、74打点とチームの中心打者として活躍する。0-0の4回無死二塁の場面、普段であれば打ってもおかしくないところだったが、丸はピッチャーの前に転がすバントで、二塁走者の菊池涼介を三塁へ進めた。

 19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-ヤクルト戦』で解説を務めた田尾安志氏は「今日の(ヤクルトの先発)小川の内容であれば、なかなか連打が難しい。カープの緒方監督も考えていますよね。だから3番でもバントをさせる」と分析した。

 結果的に得点に繋がらなかったが、好投を続ける小川から1点を奪いにいくため、3番打者にも犠打をさせるところも強さの一つといえそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM