ニュース

日本ハム上原、本拠地でプロ初勝利 5回零封、黒羽根のリードに感謝

2017.08.20 14:00
北海道日本ハムファイターズ 9 終了 3 埼玉西武ライオンズ
札幌ドーム
○ 日本ハム 9 - 3 西武 ●
<19回戦 札幌ドーム>

 3番大谷、4番中田が打線を引っ張り、日本ハムが2カード連続の勝ち越し。投げては2年目左腕の先発・上原が5回無失点と粘り、本拠地でうれしいプロ初勝利(4敗)を手にした。

 日本ハムは初回、一死一、三塁の好機を作ると、中田が左前適時打を放ち先制。3回は1番西川、2番松本の連打で一死一、三塁とし、大谷が右前適時打を放ちリードを広げた。

 大谷はその後も快音を響かせ、3打席連続適時打で計3打点。中田も6点目を叩き出すなど2打点をマークし、6-3の8回は、5番レアードの29号2ランなどでダメ押しとなる3点を加えた。

 上原は5四球と制球に苦しんだが、要所で粘り5回無失点。お立ち台では「長い間待ってもらった。やっとスタートに立てたと思います」と安堵の表情を見せた。

 隣には、先発マスクを被り、2安打1打点とバットでも援護した黒羽根の姿も。2年目左腕は「フォアボール連発でどうなるかと思ったが(黒羽根のリードで)、思い切り投げることができた」と女房役のリードに感謝。黒羽根とのバッテリーは今季初先発から5戦連続で、ようやく苦労が実を結ぶ結果となった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西