ニュース 2017.08.22. 16:10

広陵が10年ぶり、花咲徳栄は初の決勝進出! 夏の甲子園・13日目の結果

無断転載禁止
甲子園2017・13日目の結果

決勝進出チームが決定!


 『第99回全国高等学校野球選手権大会』は大会13日目まで終了。この日は準決勝の2試合が行われ、決勝戦に進む2チームが決まった。


▼ 13日目・第1試合
● 天理(奈良) 9 - 12 広陵(広島) ○
広|200 112 303|12
天|002 200 203|9

 広陵が打ち合いを制して10年ぶりの決勝進出。初回に中村の大会最多タイ記録となる5号2ランで先制すると、1点を追う5回に記録更新の大会第6号ソロで同点。6回に平元の2点適時打で逆転に成功すると、7回には中村が3点適時二塁打を放って大会の打点記録も更新した。天理は粘りも及ばず、中村に7打点を許して準決勝敗退。


▼ 13日目・第2試合
○ 花咲徳栄(埼玉) 9 - 6 東海大菅生(西東京) ●
花|012 100 020 03|9
東|211 000 002 00|6

 花咲徳栄が延長戦を制し初の決勝進出。序盤からリードを許す苦しい展開も、8回に9番・岩瀬の2点適時二塁打で勝ち越しに成功。9回に守備のミスから追いつかれたが、11回に高井が適時二塁打を放って再度勝ち越した。東海大菅生は9回同点後のサヨナラのチャンスを生かせず。



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西