ニュース

田尾氏、巨人・坂本の走塁に「見ていて気持ちよかった」

無断転載禁止
巨人の坂本勇人(写真はWBCのとき)
 22日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた田尾安志氏が、巨人・坂本勇人の走塁を絶賛した。

 6点リードの6回一死二、三塁の場面、二塁走者の坂本は、阿部慎之助のライト前ヒットでホーム生還とはならなかったが、田尾氏は「三塁コーチャーがストップをかけるまで、三塁ベースを回るときも、ホームまで行くぞという勢いのある走塁をしました。今の走塁は見ていて気持ちよかったです」と次の塁を全力で狙う姿勢を評価した。

 田尾氏は「中心選手の坂本でも、これだけ気合いを入れてやっているんだというのをみんな見ていますから、抜いたプレーをしちゃいけないんですよ。(こういう走塁をすることで)監督やコーチが、他の選手に言う必要がないんですよね」と、キャプテンの坂本が積極的な走塁を見せる事でチーム全体の意識を高める効果があると話す。

 巨人はこの日の勝利(9-2)で、最大「11」あった借金を返済した。CS進出へ向け、巻き返しを図るチームをキャプテンがけん引する。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM