ニュース

左の大野に対し左の宇佐見が代打で登場 若松氏「監督の勘というか…」

無断転載禁止
巨人の宇佐見真吾=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 中日-巨人戦』で解説を務めた若松勉氏が、中日のサウスポー・大野雄大に対し、左の宇佐見真吾(巨人)が代打で登場した場面についてコメントした。

 巨人は3点を追う7回、中日の先発・大野から石川慎吾がタイムリー二塁打を放ち1点を返す。なおも二死二、三塁のチャンスで小林誠司に打席が回ると、高橋由伸監督は「左」の宇佐見を代打に送ったが、結果は二ゴロとなり畳みかけることはできなかった。

 若松氏はこの代打に「普通でしたら右でしょうね。(この試合で大野から2本のヒットを放っていた)阿部と似ているようなタイプだからいけるんじゃないのかなという感じで、代打を出したと思うんですよ。監督の勘というか、そういうのだと思うんですよね」と自身の見解を示した。

 若松氏もヤクルトの監督時代に「右のアンダースローに対し、アンダースローに強い右の度会博文を代打に持っていったりしました」と述べ、右のアンダースローには左打者という球界のセオリーに拘らず、采配を揮っていたことを明かした。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM