ニュース

解説陣も評価する中日・高橋周平の守備力

無断転載禁止
中日の高橋周平
 中日の高橋周平は巨人との2連戦、初戦にライトへ今季第1号を放つと、2戦目もライト前に運ぶなどバットで存在感を示したが、守備でも好守を連発した。

 22日の試合では、2回に長野久義が放った痛烈な三塁へのゴロを正面には入らず、グラブを横に出してキャッチしアウトにした。このプレーに同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 中日-巨人戦』で解説を務めた田尾安志氏は「メジャーリーガーがよくやる体を正面に入るのではなくて、グラブを横にしておいてセカンドベース方面に向きながら捕る。これだと、エラーが少ないですよね。日本の場合はなんでも正面には入れと言われるんですけど、実際は速い球を正面に入るとあごにあがっちゃうことがあるんですよ。横にそらすというのはありですよね」と高橋の判断力を評価した。

 さらに23日の試合でも高橋は、2回無死一塁から村田修一が放った難しいバウンドのゴロを素早く処理し、ダブルプレーを完成させた。プロ野球解説者の若松勉氏は「ダッシュしてショートバウンドで上手いこと捕ってゲッツーですから。ひとつ待てば1アウトしか取れないので、ナイスプレーですよね」(23日放送の『ニッポン放送ショウアップナイター 中日-巨人戦』)と絶賛。

 若松氏は、5回に長野の三遊間へのゴロをさばきアウトにした守備についても「本当に1歩目が速いですね。捕ってからも素早く放るので楽にアウトですよね。肩はそんなに強くないんですよ。スナップスローに変えているのがいいんでしょうね」と褒めた。

 これまで守備に課題を抱えていた高橋だが、田尾氏が「練習して上手くなっていますよ」と話せば、若松氏は「動きが非常にいい。こんなに変わったのかなという印象ですね」と目を細める。守備で成長した姿を見せる高橋。打撃だけでなく、三塁の守備にも注目だ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM