ニュース

横浜DeNA ホセ・ロぺス 球場へは電車移動。PASMOのチャージも自由自在

無断転載禁止
【プロ野球、DeNA対広島】9回裏、DeNAのロペスがソロホームラン=2017年8月23日横浜スタジアム 写真提供:産経新聞社
57年ぶりの3試合連続サヨナラ勝利。前回は1960年、対巨人で横浜DeNAの前身の大洋が記録しました。阪神が勝ったために、広島の優勝マジックが消滅。まだ、ゲーム差はあるものの、セ・リーグがよりおもしろくなってきました。この広島戦で3試合連発の本塁打。ミラクルの原動力となったのは、ロペスです。巨人に在籍した2シーズンは計40本塁打。しかし、移籍した横浜DeNAでは2年間で59本と飛躍的に本塁打数が増え、今季もすでに26号を放っています。

独自のバッティング理論は、とてもシンプルですが、日本のスタイルに合っていた。

「右投手なら、右足に体重を残す。左投手なら左足へ」。

チームメートには惜しみなく伝えているところが、人柄がうかがえます。

「チームメートはみんな友だち。ぼくは、年が上だからサポートするのは当たり前でしょう」。

少年を意味する、チャモに敬意を表した、さんをつけ、チームではチャモさんと呼ばれています。

横浜DeNAとの契約は2018年まで。巨人でも必死にプレーしたものの、阿部の1塁コンバートでチームを追われた形でした。メジャー時代は、ショートやセカンドの経験があり、守備能力もなかなか。見かけ以上に器用です。来日直後、アントニオ猪木さんをみて大ファンに。『1・2・3 ダァー』のパフォーマンスが大好きで、お立ち台へ上がると、「元気ですかー」とごあいさつ。とはいえ、巨人ではフロントから止められる始末です。そういった窮屈な面がなくなり、横浜DeNA移籍で、よりチームへ貢献できるようになった、とみる関係者も多い。

好物はお寿司で、

「アメリカで食べた時と、別物のよう」

と目を丸めました。

「トップバッターがトロで、クローザーはネギトロ巻き」というローテーションができあがったそう。昨年、現役を引退した三浦大輔には、よく寿司店へ誘われました。

一方、それだけでは不動の4番を持続はできないでしょう。隠れたところで、努力を重ねている。広島や大阪遠征では帰る際、自身だけが別の新幹線で移動します。特に、移動日なしの試合では、朝一番ののぞみで、横浜へ。誰よりも早く球場へ足を運んで練習をする。

「渋滞は面倒」。というわけで、車の運転はせず、横浜でのホームゲームは、電車を利用。PASMOを所持して、チャージなども自由自在です。

「横浜の電車は世界一安全で正確。最高ですね」

という庶民派。現在、最大の喜びが、ラミレス監督はチームが勝利を飾ると、誰よりもベンチで大喜びする。その姿を

「毎試合見たい。こちらまで気持ちがいいからね」

と説明しました。

そんな性格だけに、他人をけなしたことなどありません。

「筒香はナンバーワンの選手。(日本ハム)大谷もすごいけど、筒香は日本一のバッターだ」

と絶賛しています。自身は、

「2020年まで日本でプレーをしたい。オリンピックをナマで見たいからね」。

と意欲的。愛すべき選手です。

8月25日(金) 高嶋ひでたけのあさラジ!「スポーツ人間模様」


聴き逃してしまったあなたは、下のバナーをクリックしてradikoのタイムフリーで聴いていただくことができます。

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM