ニュース

首位・広島が“エース”と“4番”の活躍で勝利!野村弘樹氏「理想的な形」

無断転載禁止
ヤクルトに勝利し、緒方監督(左)とタッチする広島・ジョンソン=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.09.01 18:00
東京ヤクルトスワローズ 2 終了 3 広島東洋カープ
神宮
● ヤクルト 2 - 3 広島 ○
<21回戦 神宮>

 前カード巨人との3連戦に負け越した首位・広島は、最下位・ヤクルトとの3連戦の初戦を3-2で勝利した。

 広島は0-0で迎えた6回、西川龍馬の犠飛で先制すると、続く7回に4番でスタメン出場した松山竜平の2点タイムリー二塁打でリードを広げた。

 投げては先発・ジョンソンが序盤、走者を出しながらも無失点に抑えた。尻上がりに調子をあげていき、4回以降は7回までを三者凡退で終える。完封もみえてきた8回に、2本のヒットを許し二死二・三塁としたところで降板。

 後を受けたジャクソンがピリッとしなかった。山田哲人に四球を与えると、リベロと武内晋一にも連続四球で2失点。なお二死満塁とピンチは続き、3番手・今村猛にスイッチ。今村は中村悠平を遊ゴロに仕留め、1点リードの9回は中崎翔太が3人で打ち取り試合を締めた。

 『ニッポン放送制作のヤクルト-広島戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「カープの勝ち方としては、繋ぎという部分に課題を残しましたが、投げるべく人(左のエース・ジョンソン)が投げて、今日4番に入った松山、打つべき人が打った。こういった勝ち方ができるというのは、理想的な形ですよね」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM