ニュース

野村弘樹氏、広島・松山は「4番打者の仕事をした」

無断転載禁止
広島の松山竜平
2017.09.01 18:00
東京ヤクルトスワローズ 2 終了 3 広島東洋カープ
神宮
「今日は4番に入って最高の仕事をしてくれましたね」。

 『ニッポン放送制作のヤクルト-広島戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、2点タイムリー二塁打を含む3安打の活躍を見せた『4番』・松山竜平の働きぶりを高く評価した。

 この日、『4番・右翼』で出場した松山は第1打席内野安打で出塁すると、第2打席はライトへ二塁打を放つ。6回の第3打席は四球を選ぶと、1点リードの7回二死一、二塁で迎えた第4打席は、レフトへ2点タイムリー二塁打を放つ勝負強さを見せた。

 7回のタイムリーに野村氏は「甘いボールでしたが見事でしたよね。しっかりと捉えて4番打者の仕事をしたと思います」と4番打者として期待に応える打撃を見せた松山を絶賛した。

 4番に座っていた鈴木誠也が故障離脱後、松山は4試合で4番として出場しているが、打率.462(13-6)、4打点の活躍を見せる。残り試合もここぞの場面での一打に期待したいところだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM