ニュース

阪神、連勝止まり広島と6.5差 メンドーサ4失点黒星、バックの拙守響く

2017.09.03 18:00
阪神タイガース 2 終了 4 中日ドラゴンズ
甲子園
● 阪神 2 - 4 中日 ○
<23回戦 甲子園>

 日本ハムから阪神へ移籍した先発・メンドーサが、7回4失点で敗戦投手。2位・阪神の連勝は「5」で止まり、ヤクルトに勝利した首位・広島とのゲーム差は再び6.5に開いた。

 メンドーサは初回、無死一、二塁のピンチを凌ぐと、2回以降は持ち前の打たせて取る投球を展開。しかし4回、打ち取った当たりが内野安打と遊撃・植田の悪送球で無死二塁となり、続く4番ゲレーロには左翼席への先制2ランを浴びた。

 5回以降は再びテンポよくアウトを重ね、5回、6回はいずれも3者凡退。しかし2-2の7回、安打と四球で無死一、二塁とされると、8番武山に中堅フェンス直撃の適時二塁打を浴びた。

 二塁走者生還のあと、一塁走者・高橋は一旦三塁で止まったが、植田が外野からの送球を保持している間に本塁へ再突入。ワンバウンドした送球はアウトのタイミングだったが、これを捕手・坂本が捕球できず、二者生還で2-4となった。

 メンドーサは持ち味を発揮し、7回を96球で投げ切ったが、バックの拙守もあり計4失点。チームはそのまま敗れ、阪神デビュー戦は黒星となった。

 打線は中日先発・小笠原にこの日も苦戦。5回に7番上本の7号ソロ。6回は3番福留の適時打で同点としたが、勝ち越された7回以降は中日救援陣に封じられた。

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西