ニュース

ミズノがボール回転解析システム『MAQ』を発表!ボールとスマホで「伸び」や「切れ」の数値化へ

無断転載禁止
 ミズノは4日(月)、野球ボールの回転を解析する新システム『MAQ(マキュー)』を開発し、プロトタイプが完成したことを発表。2018年春に販売予定であることも公表した。

 『MAQ』は、専用センサーを内蔵したボールを投げることで、回転数や回転軸、速度を計測。そのデータをスマートフォンの専用アプリケーションにBluetoothで送信し、結果を瞬時に把握することや、データを蓄積させることが可能となる。


場所を選ばずに測定可能


 これまで回転数などを計測するには大掛かりな計測機器を必要としていたが、今回の『MAQ』はセンサー内蔵型のため、プロの選手だけでなくアマの選手も場所の制約を受けることなくデータを取得することが可能となる。

 これにより、“伸びのあるストレート”や“キレのある変化球”といった、感覚で語られていた球質や球種の数値化が可能となり、科学的な観点からの分析や数値に裏付けされた指導が行われることが期待される。


サポート体制の強化も


 一方、アマでは特に、分析や指導を行う上でのデータの活用法が難しいが、ダイアモンドスポーツ事業部長の久保田執行役員は「色々なところへ計測に行きたいと思っている。プロだけでなくアマチュアの各レベルでもある程度のデータを集めて平均値などを算出し、購入者がどのくらいのレベルなのかをわかるようにしたい」と述べ、ユーザーのサポート体制等も強化していく考えを示した

 今後、プロ野球の秋季キャンプや大学野球などで実証テストを行い、来春の販売に向けて研究開発を進めていくとのこと。販売価格は、ボール本体が1万9800円、充電器が1万5000円を想定しており、アプリのダウンロードは無料となる見込みだ。


気になる精度は!?


 ミズノの研究開発部センシングソリューション研究開発課の柴田さんは、『MAQ』の数値と、複数のプロ野球球団が導入している高性能弾道測定器・トラックマンの数値は「ほぼ1対1の関係で、非常に高精度」と説明。センサー内蔵型ということで気になる耐久性に関しても、「130キロ相当の衝撃実験で3000球投げても問題なく動作した」と述べ、自信を示した。
三浦大輔

 また、投球デモンストレーションに登場した元DeNAで解説者の三浦大輔氏は「手の感触・感覚は普通の硬式球と一緒。縫い目の高さや革の質、重さも同じだった」と振り返り、違和感なく投げられたことを強調した。

 なお、将来的には、内蔵されているセンサーを組み合わせて、ボールの軌道や、初速と終速なども測定できるように研究開発を進めていくとのこと。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西