ニュース

清宮の111号も空砲…侍U-18、カナダに競り負けスーパーR2勝2敗に

無断転載禁止
カナダ戦で高校通算111号を放った清宮(早稲田実)
● 日本 4 - 6 カナダ ○
<9月9日 ポートアーサー・スタジアム>

 「第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」の決勝進出をかけたスーパーラウンド。侍ジャパンU-18代表は第2戦でカナダに4-6で競り負けた。

 開催国カナダとの対戦は完全アウェーの中、初回、先発の徳山壮磨(大阪桐蔭)が四球とボークでいきなり無死二塁のピンチを迎える。しかし、後続を三振、中飛、三振に切り、上々の立ち上がりを見せる。

 しかし2回、再び先頭を四球で歩かせると一死満塁に。ここで9番・ブレムナーに2点適時打を浴び、先制点を献上した。

 2点ビハインドで迎えた3回、日本は先頭の桜井周斗(日大三)が四球で出塁すると、中村奨成(広陵)のライトへの安打で一死一・三塁と得点のチャンス。8番・丸山和郁(前橋育英)が空振り三振に倒れて二死となったが、続く西巻賢二(仙台育英)の適時打で1点を返した。

 1点差に迫った3回、徳山は先頭を投ゴロに仕留めて一死とするも、続く3番・ネイラーを四球を与えたところで投手交代。2番手として山下輝(木更津総合)がマウンドへ。代わった山下は、4番を併殺打に打ち取り、無失点で凌いだ。

 5回、山下が二死から安打、失策、四球で満塁のピンチを迎える。そこで3番手・川端健斗(秀岳館)に交代も、川端が押し出し死球で1点を失った。

 再び2点差とされた日本。2番・小園から始まる攻撃もあっさりと二死とされる。しかし、そこで打席には清宮。カウント1-0からカナダ先発・エイブラハムの131キロのストレートを豪快にバックスクリーンへ。清宮の高校通算111号で再び1点差に迫った。

 清宮に続き、桜井、中村が連続安打。古賀悠斗(福岡大大濠)が四球を選び、二死満塁の好機を迎える。しかし、丸山が右飛に倒れ、同点とはならなかった。

 清宮の本塁打から流れをつかんだ日本。2-3で迎えた6回、大きな好機を迎える。先頭の西巻が四球で出塁すると、藤原の犠打で相手の失策を誘い、二死二・三塁。すると、小園のゴロを相手二塁が悪送球。三走の西巻が同点のホームを踏んだ。なおも、無死一三塁。安田の併殺打の間に1点を奪い、勝ち越しに成功した。

 1点のリードを奪った日本だったが、7回、小園の失策で出塁を許すと、川端の暴投で走者は二塁に。一死二塁からブルックマンの適時打で同点とされる。その後、ストーブマンを投ゴロに仕留めて二死とするも、続くウィローへの暴投による振り逃げで一・三塁となったところで、投手は川端から清水達也(花咲徳栄)に。しかし清水も、いきなり暴投で勝ち越しを許す。さらに走者二塁から左翼への適時打を浴び、4-6。その後、連続四球で満塁となったところで、清水は降板。今大会、5度目の登板となる田浦文丸(秀岳館)がマウンドに上がり、見逃し三振に仕留めた。

 日本は2点ビハインドの8回、二死一・三塁の場面で清宮に打席が回ったが、二ゴロに倒れ逆転ならず。最終回に望みを託した。

 2点を追う9回裏の攻撃。先頭の桜井が遊撃への内野安打で出塁も後続が倒れ、ゲームセット。4-6で敗れ、スーパーラウンドの戦績は2勝2敗(*)となった。

 次戦は日本時間10日(日)の午前2時から“宿敵”韓国と激突する。痛恨の一敗を喫した日本。決勝進出へ、絶対に負けられない戦いとなる。

(*)=オープニングラウンドの戦績も引き継ぐため、日本は1勝1敗からのスタート

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西