ニュース

ソフトB・千賀、自己最多の13勝目も「納得できる投球ではない」

無断転載禁止
7回を投げ終え、二塁手本多(左)とタッチしてベンチに戻るソフトバンク・千賀=ZOZOマリン(C)KYODO NEWS IMAGES
 9日のロッテ戦に先発したソフトバンクの千賀滉大が、シーズンキャリアハイとなる13勝目を挙げた。

 6回までロッテ打線を1失点に抑えていた千賀は1点リードの7回、ヒットと2つの四球で二死満塁のピンチを招いてしまう。

 昨年も13勝がかかった9月27日のロッテ戦、この日と同じZOZOマリン(当時QVCマリン)のマウンドで、2点リードの8回に二死満塁のピンチを迎えていた。この時は岡田幸文、清田育宏に連続押し出し四球で、同点に追いつかれてしまい白星を手にすることができなかった。

「あそこで四球を出すのではないかと思ったが、あそこで四球を出したら去年と同じだった」。加藤翔平を1ボール2ストライクから伝家の宝刀フォークで、空振り三振に斬って取りピンチを脱出。千賀は、去年と同じ失敗を繰り返さなかった。

 この回を無失点で切り抜けた千賀の後を受けて8回からは岩崎翔が登板。岩崎が1回を無失点に抑えると、最終回は守護神・サファテがリードを守り切った。

 13勝目を挙げた千賀だが「チームが勝ったから良かった。自分自身、納得ができるピッチングではない」と不満な様子。

 それでも工藤公康監督は千賀の投球について「スピードも大事なところで出ていたし、後は回の初めにボールを出してしまったところを直していけば、楽に投げることができる。7回1失点、よく投げてくれたと思う」と課題点を口にしながらも、今日の投球を評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM