ニュース

若き侍、韓国に敗れ決勝進出逃す…3位決定戦でカナダと再戦

無断転載禁止
侍ジャパンU-18は韓国に敗れ、決勝進出を逃した
○ 韓国 6 - 4 日本 ●
<9月10日 ポートアーサー・スタジアム>

 「第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」の決勝進出をかけたスーパーラウンド最終戦。侍ジャパンU-18代表は韓国と対戦し、4-6で敗戦。決勝進出を逃した。

 日本は初回、一死から2番・小園海斗(報徳学園)が相手失策で出塁するも、続く安田尚憲(履正社)が併殺打に倒れ、得点ならず。

 その裏、日本は今大会ここまで5試合に登板し無失点と好投を続けていた田浦文丸(秀岳館)が先発のマウンドに上がる。先頭に内野安打を許すと、2番は犠打。ところが、この打球を処理した田浦の二塁へ悪送球で無死二・三塁のピンチを迎える。

 3番を三振に仕留め、一死。続く4番も二ゴロに打ち取ったが、その間に三走が生還し、先制を許した。なおも二死三塁とピンチは続く。そこで5番、6番に連続タイムリーを浴び、追加点を献上。3点のリードを奪われた。

 しかし、後がない日本が意地を見せる。2回一死から桜井周斗(日大三)が中前打で出塁。続く中村奨成(広陵)が四球を選び一死一・二塁の好機を作る。すると、古賀悠斗の打球を相手一塁が後逸。その間に1点を返す。続く丸山和郁(前橋育英)は空振り三振に倒れたが、なおも二死二・三塁の好機は続く。すると西巻賢二(仙台育英)への初球が暴投となり、三走・中村が生還。1点差に詰め寄ると、西巻が左翼への同点適時打を放ち、試合を振り出しに戻した。

 ところが、同点とした直後の2回裏、田浦は2四球と安打で満塁とされると、押し出し四球で再びリードを許した。

 ここで小枝監督は投手交代を指示。田浦は2番手・川端健斗(秀岳館)にマウンドを託した。しかし、代わった川端も一死満塁から左翼への適時打を浴び、3-5とリードを広げられた。

 さらに4回裏には、二死二塁から右翼への適時打を許し、3-6となった。

 3点を追う6回表、一死満塁から古賀悠斗(福岡大大濠)の犠飛で1点を返す。なおも二死満塁の好機だったが、代打・井上大成(日大三)は空振り三振に倒れた。

 なかなか相手投手を攻略できない日本打線。しかし2点を追う8回表、二死から桜井が左翼への二塁打を放つと、悪送球の間に三塁まで激走。続く中村が四球を選び、二死一・三塁に。しかし、古賀が空振り三振に倒れ、好機を生かすことができなかった。

 2点差のまま迎えた最終回。決勝進出に望みをつなぎたい日本だったが、三者凡退に倒れ、4-6で敗戦。悲願の世界一の夢は散った。

 なお、日本は日本時間あす11日(月)午前1時から3位決定戦で再びカナダと対戦する。


DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西