ニュース

日本ハム一筋20年、飯山が引退表明…セレモニーは10・3

無断転載禁止
今季限りでの現役引退を表明した日本ハムの飯山裕志内野手=15日、札幌市(C)KYODO NEWS IMAGES
 日本ハムの飯山裕志が15日、今季限りでの引退を表明した。

 飯山は鹿児島・れいめい高から1997年ドラフト4位で入団。今季まで日本ハム一筋20年で、5度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献。2012年10月31日の巨人との日本シリーズ第4戦では延長12回に西村からサヨナラ打を放った。

 2001年7月31日のオリックス戦で初出場して以来、通算910試合に出場し、打率.202、1本塁打、45打点という成績を残した。

 今季は8月9日に一軍に昇格し、9試合に出場したが、9月1日に登録抹消された。

 なお、引退セレモニーは10月3日(火)のオリックス戦(札幌ドーム)で実施する。

【主な記録】
・初出場…2001年7月31日オリックス21回戦(札幌D)5回、遊撃手
・初安打…2005年4月12日西武5回戦(インボイス)5回青木投手から、遊二塁打
・初打点…2005年4月6日楽天2回戦(いわき)9回谷中投手から
・初本塁打…2010年8月20日西武18回戦(札幌D)9回シコースキー投手から(358打席目)
・日本シリーズ…出場4回(2006、2007、2009、2012)
※日本シリーズサヨナラ打…2012年10月31日vs.巨人第4戦(札幌D)12回西村投手から
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西