ニュース

江本氏、巨人打線に喝「“俺が俺が打線”で繋がらなかった」

無断転載禁止
5回二死満塁のピンチで、巨人・マギー(左)を三直に打ち取ったDeNA・井納=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.09.16 18:00
読売ジャイアンツ 0 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
東京ドーム
● 巨人 0 - 1 DeNA ○
<24回戦 東京ドーム>

 3位・巨人は4位・DeNAを上回る6安打を放ちながらも、あと1本が出ず0-1で敗れた。これでDeNAに並ばれ同率3位となった。

 巨人はDeNAの先発・井納翔一の前に、毎回のように走者を出しながらも得点することができなかった。1点を追う5回はDeNAの守備のミス、四死球などで二死満塁のチャンスを作るも、マギーが三直に倒れ無得点。

 7回は先頭の亀井善行が、2番手・田中健二朗から二塁打を放つも、長野久義が空振り三振、代打・宇佐見真吾が3番手・パットンの前に見逃し三振。続く代打・脇谷亮太も3ボール2ストライクから8球目のストレートを空振り三振に打ち取られた。8回と9回は、リリーフ陣に完璧に抑え込まれ試合終了。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「今日も俺が俺が打線で、繋がらなかったですね。井納もいいボールもありましたけど、打てない球じゃなかった」とコメント。さらに江本氏は「一発で試合を決める打線じゃない。今日みたいな試合になってくると、細かい打ち方をしていかないとね」と苦言を呈した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM