ニュース

上本、大和、俊介ら中堅選手に江本氏「必死さが出ている」

無断転載禁止
阪神からDeNAへFA移籍した大和
 阪神の“中堅トリオ”が勝利に貢献した。

 “超変革”を掲げた昨季、高山俊、原口文仁、北條史也といった若手が台頭。彼らに比べると、上本博紀、大和、俊介などは存在感が薄かった。しかし、今季は若手が苦しむ一方で中堅選手たちが、輝きを放っている。

 23日のヤクルト戦では、『1番・中堅』で出場した俊介が、7回にダメ押しとなるタイムリーを含む2安打1打点。『2番・二塁』で出場した上本が、6回に三塁線に絶妙なセーフティーバントを決め、連続試合安打を7に伸ばした。

 このセーフティに同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-阪神戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「『俺はなんとかここで出るぞ』、『2番の位置は渡さんぞ』という思いが今のセーフティーバントに出ている」と上本の気迫を評価。

 『7番・遊撃』で出場した大和は打っては2安打1打点、守っても難しい当たりの遊ゴロを華麗にさばいた。

 江本氏は「俊介、上本、大和など、勝ち抜いてなんとか下から突き上げてくる若手に渡さんぞという必死さが出ている」と若手に負けじと奮闘する中堅選手たちのプレーに何か感じたものがあったようだ。一方で若手に対しては「若手はただチャンスをもらっているだけではダメですよね」と苦言を呈していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM