ニュース

江本氏、7回のヤクルトの守備に疑問「あんな後ろにいますかね」

無断転載禁止
ヤクルトの真中満監督
 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-阪神戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、7回一死満塁から阪神・梅野隆太郎にタイムリーを浴びた場面、ヤクルトのセンター・山崎晃大朗のポジショニングに疑問を感じたようだ。

 1-4で迎えた7回一死満塁から梅野が放った打球を、後ろに守っていたセンター・山崎の前にポトリと落ち、二者の生還を許した。この守備に江本氏は「センターがこのケースであんなに後ろにいますかね」と苦言。「あそこは外野の頭を越すような配球をしていませんから、一番怖いのはポテンヒットですよ。こういうところもベンチは考えないと」と指摘した。

 その後、さらに2点を失い試合を決められてしまったヤクルト。江本氏が指摘したように、センターが前に守っていれば失点を最小限に防げたかもしれない。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM