ニュース

中日、本拠地最終戦を勝利で飾る 藤井がサヨナラ打、引退の森野も笑顔

2017.09.24 14:00
中日ドラゴンズ 3 終了 2 広島東洋カープ
ナゴヤドーム
○ 中日 3x - 2 広島 ●
<25回戦 ナゴヤドーム>

 中日が藤井の左越え適時打でサヨナラ勝ち。本拠地最終戦と森野の引退試合を劇的勝利で飾った。森野は7回に代打で登場。現役最後の打席は一ゴロだった。

 中日は0-2で迎えた8回、4番ゲレーロが本塁打ランキングトップを更新する35号2ランを放ち同点。9回は1番京田の内野安打を口火に二死二塁の好機を作ると、3番藤井がこの試合4安打目となるサヨナラ適時打を左翼後方へ運んだ。

 投げては前回登板でプロ初勝利を挙げた先発・笠原が、6回まで無失点投球。0-0の7回に二死満塁から連続となる押し出し四死球を与えたが、若手中心の広島打線を7回6安打2失点に抑えた。8回以降は2番手祖父江が2イニングを無失点。サヨナラを呼び込む好救援で今季2勝目(1敗)を手にした。

 広島は先発・野村が6回無失点の粘投。10勝目の権利を持って降板したが、8回に3番手のブレイシアが同点2ランを浴びた。9回は5番手の高橋樹が捕まりサヨナラ負け。若手中心の打線は、笠原の緩急に苦しんだ。

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西