ニュース

メッツ青木、Wヘッダーに出場 1戦目は4の0、2戦目は代打で四球&盗塁

無断転載禁止
ダブルヘッダー初戦にフル出場するも4打数無安打に倒れた青木
第1戦 ● メッツ 2 - 9 ブレーブス ○
第2戦 ○ メッツ 3 - 2 ブレーブス ●
<現地時間9月25日 シティ・フィールド>

 メッツの青木宣親が25日(日本時間26日)、ブレーブス戦とのダブルヘッダーに2試合とも出場。第1戦は「1番・右翼」で先発出場したが4打数無安打。第2戦は代打で出場し、四球と盗塁をマークした。

 第1戦に先発出場した青木は、ブレーブス先発・シムスの前に、第1打席から二ゴロ、左飛、三ゴロと3タコ。8回は3番手左腕・ブラザーズの前に遊ゴロに倒れ、初戦を4打数無安打で終えた。

 第2戦では8回に代打で登場。ブレーブスの4番手右腕・ラミレスから四球を選ぶと、すかさず今季10盗塁目となる二盗を決めた。この日は快音こそ聞かれなかったが、眼と足で存在感を示した青木。今季の通算打率は.280となった。

 メッツは第1戦に大敗したが、第2戦は先発のルーゴが6回無失点と好投。3-2の逃げ切り勝利を収め、連敗を「3」で止めた。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西