ニュース

野村弘樹氏、ホロ苦デビューの燕・寺島に「これからどう取り組んでいくか」

無断転載禁止
ヤクルトのドラフト1位・寺島成輝
 ヤクルトのドラフト1位ルーキー・寺島成輝が、9月30日の中日戦でプロ初登板・初先発した。

 「プロ初先発でしたが緊張はあまりしませんでした」と話した寺島だったが、立ち上がりいきなりプロの洗礼を浴びた。初回、二死一塁から4番・福田永将に投じた高めに入ったストレートを左中間スタンドへ運ばれた。2回にも二死二、三塁から京田陽太に2点タイムリーを打たれるなど、2回までに4点を失う苦しいピッチング。

 続く3回は走者を出しながら無失点に抑えたが、同点に追いついてもらった直後の4回は先頭の高橋周平にいきなり四球。武山真吾にはセンターへ運ばれると、大野雄大の犠打野選で失点し、寺島はここで降板。プロ初登板は3回0/3を投げ、5安打、3四死球、5失点とほろ苦いデビュー戦となった。

 寺島は「やはり、一軍の選手は打席での粘りが違いますし、甘いボールを一発で仕留めるという印象でした」と反省。それでも、『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』の中継中に寺島の投球結果が届くと、解説を務めていた野村弘樹氏は「今日一軍のマウンドにあがれたというところでしょうね。そこで自分がどれだけ収穫があって、これからどう取り組んでいくかですよね」とこの反省をどのように活かしていくかが大事になってくると話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM