ニュース

大矢氏、燕・梅野に厳しい評価「どうかなという感じ」

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める大矢明彦氏
 ヤクルトのドラフト3位ルーキー・梅野雄吾が1日、中日戦に先発し、5回を2失点に抑えた。

 プロ初登板となった8月9日のDeNA戦では3回を投げて5失点とホロ苦いデビューとなった梅野だが、この日は中日打線を2回までノーヒットに抑えるピッチング。

 しかし、3点のリードをもらった直後の3回、一死二塁から友永翔太にフェンス直撃の二塁打で1点を返される。続く4回も無死一、二塁から井領雅貴にライト前にタイムリーを浴びた。勝利投手の権利がかかる5回は、友永を一ゴロ、京田陽太を空振り三振、亀沢恭平を二ゴロに仕留めた。梅野は5回に打席が回ってきたところで代打が送られ降板。7回に同点に追いつかれプロ初勝利はお預けとなったが、プロ2度目の先発は5回を投げて、2安打、6奪三振、3四死球、2失点という投球内容だった。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-中日戦』で解説を務めた大矢明彦氏は、梅野の投球について「真っ直ぐと変化球の差があり過ぎるなという感じですね。まだ変化球を自由に投げられるまでにいっていませんので、真っ直ぐ主体でした」と振り返り、「申し訳ない言い方ですけど、今日の中日の打線であれば、投げて当たり前。結果的には2点で終わっていますけど、どうかなという感じですね」と厳しかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM