ニュース

中日・伊藤の失点に大矢氏「相変わらず打たれるときは…」

無断転載禁止
中日の伊藤準規
 1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-中日戦』で解説を務めた大矢明彦氏が、ヤクルト戦に先発した伊藤準規について言及した。

 伊藤は2回一死走者なしから中村に1球もストライクが入らず3ボールとなり、最後はアウトコースを狙ったストレートがインコースにいってしまい四球を与えてしまう。

 この投球に大矢氏は「アウトコースに狙っているのが、力が入ってインサイドに腕の振りが遅れているわけですよね。こういうのは、本人がマウンド上で気持ちをセーブしていくことを覚えていかないと、ランクが上にあがっていかないですよね」と厳しく指摘。

 伊藤は続く藤井亮太にライト前に運ばれ一、二塁とされると、広岡大志にフェンス直撃のタイムリー二塁打を打たれた。大矢氏は「相変わらず打たれるときは、こんな感じだなという打たれ方ですよ。四球、ヒット、ヒットですからね」と呆れた様子。

 なおも一死二、三塁とピンチは続き、奥村展征に2点タイムリーを浴び、この回だけで3点を失った。それでも3回以降は立ち直り、6回を投げて5安打7奪三振3失点と最低限の役割を果たした。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM