ニュース

メジャー挑戦が確実視される大谷 石井一久氏は“リアル二刀流”をおすすめ?

無断転載禁止
日本ハムの大谷翔平

“リアル二刀流”でファンを沸かせた大谷


 今オフにポスティングシステムを利用して、メジャーリーグへ挑戦することが濃厚な日本ハムの大谷翔平。

 6日に行われた『三井のリパークpresents ニッポン放送ショウアップナイタースペシャルトークショー』に出演した石井一久氏は、大谷について「本当にメジャーに行くっていうことであれば、彼は凄いピッチングをして、日本ハムのファンに最後、お礼を言ったなあと思います」と振り返った。

 4日のオリックス戦(札幌ドーム)に『4番・投手』で先発出場した大谷は、打っては第2打席でセンター前ヒットを放ち、投げてはオリックス打線を9回2安打10奪三振無失点の好投で完封勝利。“リアル二刀流”で日本ハムファンを沸かせた。


メジャー挑戦で気になる二刀流


 大谷が今後メジャー挑戦することになれば、ひとつ気になるのが“二刀流”だ。メジャーの投手は中4日でローテーションを回ることが多く、野手として出場するとなるとかなりの負担がかかることが予想される。

 メジャーでのプレー経験を持つ石井氏も「中4日は凄く厳しいスケジュールなんですよ。かなりスケジュールがしんどいので、バッターとの両立は難しいかなと思います」と自身の体験を踏まえて、その難しさについて語った。

 両立は難しいと話しながらも、「登板した日にバッターとして入ればいいんじゃないかなと思います。新聞的な言い方でいえば“リアル二刀流”みたいな感じがいい」と、自身の見解を述べた。

 今オフ、メジャー挑戦が確実視される大谷。今後の動向とともに、メジャー球団に移籍した場合、二刀流がどうなっていくかも注目だ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM