ニュース

全試合出場は15人 『フルイニング出場』した選手は誰がいる?

無断転載禁止
広島の田中広輔

今季フルイニング出場者は5人


 10日にプロ野球のレギュラーシーズンが終了した。今季全試合出場した選手をみると、2004年9月9日のヤクルト戦から連続試合出場を続ける鳥谷敬(阪神)、リーグ優勝した広島のリードオフマンを務めた田中広輔(広島)、ルーキーの源田壮亮(西武)など15人いる。

 その中でもフルイニング出場した選手は5人だ。昨季、球団の遊撃手では86年の高橋慶彦、94年の野村謙二郎に次ぐ快挙を達成した広島・田中は、今季も1日も休むことなく遊撃という過酷なポジションで1年間フルイニング出場を果たした。

 田中と同じ遊撃手では、倉本寿彦(DeNA)、源田壮亮(西武)もフルイニング出場した。倉本は開幕から打撃不振で打順が9番に下がるなどしたが、一度もポジションを明け渡すことなく1年間守り抜いた。ルーキーの源田は、56年の佐々木信也、58年の長嶋茂雄、61年の徳武定之に次いで、歴代4人目となる新人のフルイニング出場を達成した。

 秋山翔吾(西武)は、2015年から3年連続でフルイニング出場を果たした。今季は首位打者、最多安打のタイトルを獲得し、打線を牽引。本塁打もシーズン自己最多となる25本塁打を記録する活躍を見せた。ちなみに、現役選手では最も長い3年連続フルイニング出場を継続中の選手となっている。

 山田哲人(ヤクルト)もフルイニング出場を達成。昨季まで2年連続トリプルスリー達成していた山田は今季も活躍が期待されたが、打率.247、24本塁打、78打点、14盗塁と苦しんだ。

【2017年 フルイニング出場者】
セ:田中広輔(広島)、倉本寿彦(DeNA)、山田哲人(ヤクルト)
パ:源田壮亮(西武)、秋山翔吾(西武)


2012年からの5年間のフルイニング出場者は?


 今季はフルイニング出場を達成した選手は5人いたが、2012年から16年までのフルイニング出場者を見てみると、2004年の9月9日のヤクルト戦から連続試合出場を続ける鳥谷敬は、2012年、2013年、2014年、2015年と4年連続でフルイニング出場。鳥谷は2012年3月30日のDeNA戦から16年7月23日の広島戦にかけて、歴代4位タイとなる667試合連続でのフルイニング出場を達成した。

 また、パ・リーグではこの5年に限ると、松田宣浩(ソフトバンク)が秋山に次いで2番目に多いシーズンで2度フルイニング出場を記録している。松田は骨折で離脱するシーズンもあったが、13年と15年は全イニングで出場した。

 ちなみにパ・リーグは2014年、7人が全試合出場を果たしたが、全イニング出場した選手はいなかった。

【12年~16年までのフルイニング出場者】
2012年[11人]
セ:鳥谷敬(阪神)
パ:陽岱鋼(日本ハム)

2013年[14人]
セ:鳥谷敬(阪神)
パ:松田宣浩(ソフトバンク)、長谷川勇也(ソフトバンク)

2014年[11人]
セ:鳥谷敬(阪神)
パ:なし

2015年[11人]
セ:鳥谷敬(阪神)、山田哲人(ヤクルト)
パ:松田宣浩(ソフトバンク)、秋山翔吾(西武)

2016年[17人]
セ:田中広輔(広島)
パ:中島卓也(日本ハム)、秋山翔吾(西武)

※[]はセパの全試合出場者

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西