ニュース

日本ハム・大谷、12日に右足手術「万全の状態で新しいシーズンを迎えるため」

無断転載禁止
日本ハムの大谷翔平
 日本ハムは11日、大谷翔平が内視鏡による「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を受けることを発表した。

 手術は12日に都内の病院で行う予定とのこと。大谷は球団を通じて「万全の状態で新しいシーズンを迎えるため、公式戦終了直後のこの時期に手術を受けることにしました。自分なりのパフォーマンスを出せるように、手術後はリハビリと練習に努めます」とコメントしている。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西