ニュース 2017.10.14. 16:53

阪神、完封勝ちでファイナルへ王手 メッセ6回零封の快投、福留がV弾!

無断転載禁止
6回、先制2ランを放ちタッチを交わし喜ぶ(左から)福留、金本監督、糸井=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.10.14 14:00
阪神タイガース 2 終了 0 横浜DeNAベイスターズ
甲子園
セCSファーストステージ第1戦
○ 阪神 2 - 0 DeNA ●
<10月14日 甲子園>

 完封勝ちの阪神がファイナルステージ進出に王手。先発のメッセンジャーが6回3安打無失点の快投。打っては主将・福留が、値千金の決勝2ランを放った。

 阪神の先発は、10日の中日戦から中3日のメッセンジャー。右足骨折から復帰間もない右腕だったが、立ち上がりからテンポよくアウトを積み重ねた。0-0の5回は先頭の6番梶谷に右前打を許したが、続く嶺井を空振り三振。スタートを切っていた梶谷を梅野が好送球で刺し、三振併殺でピンチの芽を摘んだ。

 助っ人右腕はDeNA打線に二塁ベースすら踏ませず、6回3安打無失点の快投。中3日の不安を感じさせず、先発の役割をしっかりと果たした。

 打線は6回、先頭の3番糸井が右前打で出塁したあと、4番福留がDeNA先発・井納の直球を狙い打ち。これが右翼席へ飛び込む先制2ランとなり、主将は一塁ベース付近で高々と右拳を突き上げた。

 リードを奪った阪神は、7回表からマテオ、桑原、ドリスの必勝リレーで逃げ切り勝ち。本拠地で見事な完封勝利を成し遂げ、王者・広島が待つファイナルステージ進出に王手をかけた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM