ニュース

阪神がファイナル進出に王手!江本氏「この勝ちは大きい」

無断転載禁止
6回、先制2ランを放ちタッチを交わし喜ぶ(左から)福留、金本監督、糸井=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.10.15 14:00
阪神タイガース 6 終了 13 横浜DeNAベイスターズ
甲子園
セCSファーストステージ第1戦
○ 阪神 2 - 0 DeNA ●
<10月14日 甲子園>

 先に2勝したチームがファイナルステージに進出する“超短期決戦”の初戦を阪神が制した。

 阪神・メッセンジャー、DeNA・井納翔一の両先発が、5回までスコアボードに0を並べる投手戦。試合が動いたのは6回、阪神は先頭の糸井嘉男がライト前ヒットで出塁すると、福留孝介がライトスタンドに飛び込む先制の2ランを放ち2点を先制した。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 阪神-DeNA戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「福留の一発で流れが(阪神に)明らかに回ってきた」と話すように、2点リードとなった7回からマテオ、8回・桑原謙太朗、9回・ドリスの継投で逃げ切った。

 江本氏は勝利した阪神に「この勝ちは大きいですから、当然一気にいかないと。明日負けるようだったら、短期決戦なので流れが変わってしまう。タイガースは明日一気にいくような気持ちでいかないとね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM