ニュース

阪神とDeNAのクリーンナップに明暗

無断転載禁止
9回二死、DeNA・筒香が見逃し三振に倒れ、試合終了。捕手梅野=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.10.15 14:00
阪神タイガース 6 終了 13 横浜DeNAベイスターズ
甲子園
セCSファーストステージ第1戦
○ 阪神 2 - 0 DeNA ●
<10月14日 甲子園>

「筒香の最後の三振を見てもわかるように、4番、クリーンナップの差がちょっと出ましたね」。

 14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 阪神-DeNA戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、このように同試合を振り返った。

 確かに0-0の6回、阪神は先頭の3番・糸井嘉男がライト前ヒットを放つと、続く福留孝介がタイガースファンの待つライトスタンドへ先制の2ランを放った。結局、この2点が決勝点となり、阪神が2-0で勝利した。

【阪神クリーンナップの打撃成績】
3番・糸井嘉男:3打数1安打
4番・福留孝介:4打数1安打1本塁打2打点
5番・大山悠輔:4打数1安打

 一方、敗れたDeNAのクリーンナップはというと、4番・筒香嘉智が4回の第2打席でライト前にヒットを放ったが、4打数1安打2三振、3番・ロペスが4打数0安打、宮崎敏郎が3打数0安打だった。

【DeNAクリーンナップの打撃成績】
3番・ロ ペ ス:4打数0安打
4番・筒香嘉智:4打数1安打
5番・宮崎敏郎:3打数0安打

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM