ニュース

DeNA、雨中の総力戦制し逆王手 21安打で13得点、代打・乙坂が千金3ラン

2017.10.15 14:00
阪神タイガース 6 終了 13 横浜DeNAベイスターズ
甲子園
セCSファーストステージ第2戦
● 阪神 6 - 13 DeNA ○
<10月15日 甲子園>

 DeNAが雨中の総力戦に勝利。ファーストステージの対戦成績を1勝1敗とし、ファイナルステージ進出へ逆王手をかけた。

 降雨のため63分遅れの15時3分にプレーボールがかかったこの試合。開始後すぐに内野の黒土部分に水が浮き、異例のコンディション中で試合は行われた。

 DeNAは2点を追う3回、3番ロペスの2点適時打で同点。その後、再び1点を勝ち越されたが、2-3の5回は再びロペスの左犠飛で同点に追いつくと、筒香の右前打で二死一、三塁としたあと、5番宮崎の中前適時打で4-3とした。

 4-4の7回は、2番梶谷、3番ロペス、4番筒香の3連打で再び勝ち越し。さらに、代打・乙坂の3ランで8-4とすると、その後も9番倉本の右前打、1番桑原の右犠飛で一挙6得点のビッグイニングとした。

 DeNAは10-6の9回にも、倉本、梶谷、筒香の適時打でダメ押しの3点を追加。終わってみれば21安打13得点で阪神投手陣を打ち崩した。

 先発の今永は3回3失点で降板したが、4回以降はリリーフ陣が奮投。8回以降はパットン、山崎康の継投で締め、2年連続のファイナル進出に望みをつないだ。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西