ニュース

DeNA・乙坂が大仕事!野村弘樹氏「振りまけないぞというスイング」

無断転載禁止
7回DeNA1死一、三塁、代打乙坂が左越えに3ランを放つ。投手桑原、捕手梅野=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.10.15 14:00
阪神タイガース 6 終了 13 横浜DeNAベイスターズ
甲子園
 今季2本塁打のDeNA・乙坂智が、チームの勝利を決定づける大きな一発を放った。

 4-4の7回、筒香嘉智がタイムリーを放ち勝ち越しに成功し、なお一死一、三塁の場面で乙坂が代打で登場。「チャンスだったので、必ず得点につなげたいと思って打席に向かいました」と、強い気持ちを持って打席に入った乙坂は、阪神のセットアッパー・桑原謙太朗が投じた初球のストレートをレフトポール際へ運んだ。

 これが試合を決定づける貴重な3ランとなり、乙坂は「打った瞬間はどこへ飛んだかもわかりませんでしたが、最高の結果になり、チームに貢献ができてよかったです」と喜んだ。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 阪神-DeNA戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、「左方向にというよりも、真っ直ぐに対して振りまけないぞというスイングでしたね。しっかり振り切った分、フェアグラウンドに入ってくれたというところだと思います」と乙坂の本塁打を評した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM