ニュース

楽天、ソロ3発でソフトBに先勝! 塩見が6回1失点の快投、高梨は好救援

無断転載禁止
1回楽天無死、茂木が左中間に先頭打者本塁打を放つ。捕手甲斐=ヤフオクドーム
2017.10.18 18:00
福岡ソフトバンクホークス 2 終了 3 東北楽天ゴールデンイーグルス
ヤフオクドーム
パCSファイナルステージ第1戦
● ソフトバンク 2 - 3 楽天 ○
<10月18日 ヤフオクドーム>

 ソフトバンクと楽天によるCSファイナルステージが開幕。初戦は楽天が1点差ゲームを制し、ソフトバンクのアドバンテージを含め、対戦成績を1勝1敗とした。

 楽天は初回、1番茂木が先頭打者弾を放ち先制。切り込み隊長は「打ったのはストレート。少し差し込まれた感じでしたけど、強くスイングすることができました。打った自分が一番ビックリしています」とコメントし、西武とのファーストステージに続きチームを勢い付けた。

 2回には二死走者なしの場面で、7番アマダーがスライダーを左中間席へ。4回は4番ウィラーが中越えソロを放ち、一発攻勢で試合の主導権を握った。

 投げては先発・塩見が、6回4安打1失点の好投。大役を務めた左腕は「一人ひとり全力で、魂込めて投げました。今日はそれだけです。長いイニングとか関係なく初回から腕を振っていきました」と快投を振り返った。

 3-1の7回は、2番手・ハーマンが一死一、二塁のピンチを招き降板。それでも、CS4連投となった新人・高梨が、代打・長谷川を二ゴロ併殺斬り。ソフトバンクの反撃ムードを完全に断ち切った。

 2点リードの8回は、福山が無失点リリーフ。9回は松井裕が二死から4番内川にソロ弾を浴びたが、1点リードを守り試合を締めた。

 ソフトバンクは先発・東浜が6回途中3安打3失点。安打すべてがソロ被弾と、詰めの甘さを露呈した。打線は塩見の緩急に苦しみ、得点は今宮と内川のソロ弾による2点のみ。楽天に先手を許し、1勝1敗のタイに並ばれた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西