ニュース

CS4連投の楽天・高梨が見事な火消し 若松氏「度胸がある」

無断転載禁止
7回、ソフトバンクの代打長谷川を二ゴロ併殺に打ち取り、ガッツポーズする楽天・高梨=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.10.18 18:00
福岡ソフトバンクホークス 2 終了 3 東北楽天ゴールデンイーグルス
ヤフオクドーム
パCSファイナルステージ第1戦
● ソフトバンク 2 - 3 楽天 ○
<10月18日 ヤフオクドーム>

 CS4連投となった楽天のドラフト9位ルーキー・高梨雄平が見事な火消しを見せた。

 楽天が2点をリードして迎えた7回、この回からマウンドに上がったハーマンが一死一、二塁のピンチを背負うと、ソフトバンクは代打・長谷川勇也をコール。13年には首位打者のタイトルも手にした左の切り札が登場すると、楽天の梨田監督もCSファーストステージから好投を続けている変則左腕の高梨を送り出した。

 すると、2ボール2ストライクから5球目のスライダーで、長谷川を二併打に打ち取りピンチを脱出。ソフトバンクに傾きかけた流れを断ち切った。

 18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファイナルステージ第1戦 ソフトバンク-楽天戦』で解説を務めた若松勉氏は「左バッターで4-6-3のゲッツーを取ったのは非常に大きいですよ。(高梨は)度胸がありますね」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM