ニュース

江本氏、5回の攻撃に「広島らしい点の取り方」

無断転載禁止
5回、先制の2点打を放ちガッツポーズする広島・田中(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.10.18 18:00
広島東洋カープ 3 終了 0 横浜DeNAベイスターズ
マツダスタジアム
セCSファイナルステージ第1戦
○ 広島 3x - 0 DeNA ●
<10月18日 マツダスタジアム>

 4回までDeNAの先発・石田健大に無安打に抑えられていた広島だが、5回のワンチャンスをモノにした。

 5回裏の攻撃を前に円陣を組んだ広島。すると先頭のバティスタが四球で出塁し、初回以来2度目の先頭打者の出塁を果たす。続く新井貴浩が、レフト前にチーム初安打を放つと、西川龍馬の犠打で二、三塁。会沢翼が敬遠気味の四球で出塁して一死満塁のチャンスを迎えると、薮田が倒れて二死満塁となったところで、昨年のCSファイナルステージで打率.833を記録した田中広輔がセンターへ2点タイムリーを放ち先制。さらに2番・菊池涼介もタイムリー内野安打で続き、この回に3点を奪った。

 5回裏終了後、試合前から降っていた雨が激しくなり、一時中断。その後、降雨コールドとなり、広島は大事な初戦を制し、アドバンテージを含めて2勝とした。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファイナルステージ 広島-DeNA戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「前半ちょっと固かったけど、ピッチャーも大きく崩れず、最後にここという時の広島らしい点の取り方がでましたよね」と広島の勝負強さに感嘆した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM