ニュース

ソフトバンク、最後は完勝で日本S進出 柳田復帰で勢い加速、松田4打点!

無断転載禁止
ソフトバンク・柳田悠岐(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.10.22 13:00
福岡ソフトバンクホークス 7 終了 0 東北楽天ゴールデンイーグルス
ヤフオクドーム
パCSファイナルステージ第5戦
○ ソフトバンク 7 - 0 楽天 ●
<10月22日 ヤフオクドーム>

 投打が噛み合ったソフトバンクが3連勝。アドバンテージを含めた対戦成績を4勝2敗とし、2年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。

 ソフトバンクはこの試合、右脇腹痛から復帰した柳田を「1番・中堅」で即スタメン起用。初回、その柳田の遊安打を口火に一死一、三塁の好機を作ると、4番内川の中犠飛で先制点を奪った。さらに5番中村晃が右前打で続き二死一、三塁。続く松田が右翼フェンス直撃の2点適時二塁打を放ち、3-0とリードを広げた。

 4回は松田が2ランを放ち5点目。さらに二死二塁から、柳田が6点目となる右前適時打を放ち、復帰戦で2安打1打点とチームを勢いづけた。8回は9番高谷の左前適時打ででダメ押し。役者が揃った打線は11安打で7点を奪った。

 投げては先発の武田が、7回5安打無失点の快投。先発の役割をしっかりと果たし、ソフトバンクはこのシリーズ初めて先発投手に白星が付いた。8回以降は岩崎、森、サファテの継投で完封リレー。CSラストゲームを快勝で締め、2年ぶりとなる日本シリーズ進出を決めた。

 楽天は先発・美馬が4回途中5失点と誤算。打線は3併殺を記録するなど拙攻が目立ち、シーズン3位からの下克上を果たすことはできなかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西