ニュース

DeNA・今永、勝利を手繰り寄せる完璧救援!

無断転載禁止
7回に5番手で登板、三者凡退に抑え雄たけびを上げるDeNA・今永=マツダ(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.10.23 18:00
広島東洋カープ 3 終了 4 横浜DeNAベイスターズ
マツダスタジアム
 レギュラーシーズンとポストシーズンを通して“初”の中継ぎ登板で、DeNAの今永昇太がチームを勝利に導く見事な投球を披露した。

 出番は1点リードの7回にやってきた。今季チーム最多の11勝を挙げた左腕は、普段とは違う持ち場でも躍動。この回先頭の2番・菊池涼介、続く3番・丸佳浩から2者連続で三振を奪うと、4番・松山竜平を遊邪飛に打ち取った。

 8回はセットアッパーのパットンがマウンドにあがるかと思われたが、そのまま今永が続投。2イニング目も野間峻祥を空振り三振、新井貴浩を遊ゴロ、最後は西川龍馬を遊邪飛と、広島打線を完璧に抑え、守護神・山崎康晃にバトンを渡した。

 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファイナルステージ第4戦 広島-DeNA戦』で解説を務めた前田幸長氏は、「リリーフの経験がほとんどない中、この大一番であの内容、あの投球ですからね。もちろん文句なしというところですよね。今永のピッチングがキリッと締めて、ベイスターズの勝ちをグッと近づけた今日のゲームだったと思います」と経験のないリリーフで期待に応えた今永を絶賛した。

 さらに前田氏は「ピッチャーの使い道というところで、本来はどこかで今永は先発しているはず。ここ(リリーフ)で今永が投げることができたのは、2日間中止になったことが吉と出た」と述べ、2日間の雨天中止があったからこそできた起用法だったとの見解を示した。

 今永の好救援もあり、3勝目(2敗)を手にしたDeNAが19年ぶりの日本シリーズ進出に王手をかけた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM